腎臓内科に関する情報サイト

腎臓内科とは

腎臓内科とは、腎臓に関わる病気を診断/治療する診療科です。

腎臓内科ではおもに慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性腎不全などが中心です。



腎臓疾患では糖尿病、膠原病といった全身疾患に伴う腎疾患患者の増加がみられ、慢性腎不全患者の診療総数は10年前と比べ60%の増となっています。

また腎臓内科は緊急を要する疾患も多く、特に急速進行性腎炎は地域中から集まってくるといわれています。



腎不全、糖尿病性腎症からの腎不全という例は、感染症を起こすケースが多く、感染症のコントロールや血糖管理、全身管理が必要となる症例も多いです。


他臓器疾患の悪化に伴い腎不全が進行する症例も多く、糖尿病、膠原病、心疾患など、常に幅広い知識や判断が求められ、腎臓内科は全身を診る内科らしい内科と言えます。

 

主な対象疾患は
・急性糸球体腎炎
(きゅうせいしきゅうたいじんえん)・ 慢性糸球体腎炎
(まんせいしきゅうたいじんえん)
・ネフローゼ症候群(ネフローゼしょうこうぐん)・急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)

・慢性腎不全(まんせいじんふぜん)・糖尿病性腎症(とうにょうびょうせいじんしょう)・膠原病(こうげんびょう)・急速進行性糸球体腎炎(きゅうそくしんこうせいしきゅうたいじんえん)・腎硬化症(じんこうかしょう)・急性間質性腎炎(きゅうせいかんしつせいじんえん)などになります。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

腎臓内科医に要求される能力

腎臓は全身のホメオスターシスを維持する上で、欠くことのできない重要臓器であり、全身諸臓器の疾患、病態形成に深く関与しています。 各種の薬物治療・外科治療を行う上でも腎機能を正確に評価し、腎臓への影響を十分に考慮する必要があります。

 

腎疾患では緊急を要する場合は少数です。したがって考えるよりも手を動かすほうが大切という急性期を扱う科にくらべると、派手ではありません。その代わりにじっくりと考えて、患者さんの半日後の状態を想定して対応していく必要があります。腎疾患は二次性のものを合わせると疾患が多岐にわたるため、全身を診る能力と多くの知識が要求されます。また、腎炎から腎不全・血液浄化療法・腎移植の各分野でも腎生検・腎病理診断・内シャント作成術など多くの手技が必要とされます。こうした知識と技術力を習得するには各人の習得した基礎能力の上に教育指導システムが充実していなければ難しいといわれています。かたや社会的なニーズとして、現在維持透析患者は25万人を超え、さらに毎年1万数千人以上増え続けているといわれています。その予備軍である慢性腎臓病患者にいたっては400万人以上と推定されていますが、腎臓専門医は全国で3000名弱といわれています。そして、このような能力を備えた腎臓内科医を希望する声はこれまで以上に大きくなっています。

 

腎臓内科の将来性

「腎臓の糸球体は血管の塊のような臓器です。そのため、腎炎やネフローゼなどでを受診する患者さんのなかには、全身の血管にも病変がおよび様々な合併症を抱えていらっしゃるケースが非常に多い。そのため、腎臓を窓口として全身のあらゆる臓器の病気を扱っていると考えてもいいでしょう。実際の診療においても、複数の科の医師から相談を受けることが多く、またコメディカルスタッフと話し合いながら治療方針を立てる場面も少なくなく、全科的に活躍でき、かつチームのマネジメント役を担えるのも、腎臓内科の大きな魅力だといいます。日本腎臓学会に設置された男女共同参画委員会では、「女子医学生が全体の4割を占め、今後ますます女医が増えていくことが確実となるなか、今なお、育児などで第一線を退かなくてはならない女医は多いといいます。問題は女医だけに降りかかるのではなく当然、そのしわ寄せは男性医師にいくことになります。たとえば、これまでは常勤でないと専門医の資格は取れませんでしたが、今後は子育てをする非常勤医でも専門医の資格を取得できるようになりました。そうすれば育児がひと段落したあとも現場復帰もしやすくなるし、医者不足を解消する一つの策にもなります。」と活動していますが、それを実現していくために、医療関係者全体で活動していくことは、今後ますます重要になでしょう。