ドラッグストアがお届けする腎臓内科の開業の事業方針について検討しましょう

開業の事業方針について

開業する際は、“綿密な事業計画”を立て、万全の体制で挑む必要があります。

 

その一方で、診療所数は一貫して増加傾向にあるため、開業場所の選定についても、競争の少ない地域をみつけることは困難な状況であり、今後、 競合医院があるのは当たり前という環境下で開業しなければなりません。

 

「普通に開業すれば普通に収益をあげられる」という甘い状況ではなくなっていることは間違いありません。

 

綿密なその事業計画の前提として基本コンセプトが必要です。どのような診療所を開設したいのかを明確にし、具体的な開業イメージを固めることが重要です。

 

また、コンセプトの柱を複数持っておくことも必要でしょう。基本コンセプトや事業計画の立案にあたっては、
ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

経営理念・「診療圏」の調査・診療圏内の患者ニーズ・診療所の立地条件・他医院との差別化のポイント・診療科と専門性・検査機器の設備内容と手術の範囲・小児・高齢者の受け入れ体制・病診連携・診療時間と休日の設定・開業形態・有床か無床か・
自由診療の取り扱い・保険診療報酬の理解・介護保険施設との連携 などを検討しましょう。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸