ドラッグストアがお届けする腎臓内科を開業するのにいい物件を選ぶ方法

患者にとって来院しやすい建物選び

医療界でメディカルモールが近年注目を集めるようになった理由は主に二点あります。ひとつは開設者側の経営メリットです。メディカルモールは、集患力の向上(収入増加)とコスト削減に大きな期待がもて、クリニックの経営安定化に役立つという点にあります。もうひとつは、来院患者のメリットです。高齢社会の進展によって、2025年には日本の医療費の半分は老人医療費になると予測されています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

高齢者の特徴は、一人でいくつもの病気を抱えている点にあります。そのため、一人の患者の病気の原因や治療法が複雑化してきており、一つの診療科で対応することが難しくなっています。例えば、糖尿病であれば内科の診療だけでなく、眼科や循環器科の治療を必要とする場合が少なくありません。同じビル内に複数の診療科目が設置されていれば、患者はあちこちのクリニックを移動する必要がなくなります。患者に便利であれば、当然ながら集患効果も高くなることが期待できるというわけです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

このため、近年は医療雑誌に医療ビルの入居者募集広告が頻繁に掲載されるようになってきました。しかし、地域の医療マーケットの将来展望について、しっかりした調査や分析に基づいて構想された物件は少ないようで、現状は玉石混交状態にあります。それだけに、十分な情報収集と選択眼が求められます。

 

薬局